顧問建築士ってあるかな?2016/06/27 17:25

今日はここからでした(^。^)

弁護士、税理士さんのように企業の委託顧問としての展開が図れないかと思い、マッチング会社さんとの打ち合わせでした。

「都市から建築へ、建築から都市へ」の、アプローチで総合的に企画・計画・設計・監理が出来る事務所です!コンペで培った経験で迅速でビジュアルなプレゼン提案を得意としてます。
一般の設計事務所は、敷地単位でのデザインの提案が多い中、弊社は初回でも計画地の地勢の分析、マーケティング、コンセプトワーク、プランニング、デザイン、事業計画と総合的にプレゼンします。

デベロッパー、不動産業、工務店、各種コンサルティング会社さん!御社の顧問建築士として、土地の有効活用等の支援、協力、提案致しますので、お気軽にご相談下さい(^_-)

また、弁護士、税理士、不動産鑑定士等のプロのみなさん、コラボパートナーとして声をかけて頂ければ幸いですよ(^。^)

8年前の講演会スライドショー2016/04/07 14:36

ホームページを整理していたら8年程前の大学での講演のスライドショーが旧HPに埋もれていました。

捨てるに忍びないので、建築に興味のある方は覗いて見ていただけると幸いです^_^ 特に建築系学生さん(^.^)

何だか、全然成長してない自分に逆に励まされた感じですが(≧∇≦)

ps.下記、HPアドレスからお願いします。
各ページの下のページ脇の矢印をクリックするとページが変わります^ ^
http://www.ne.jp/asahi/atelier-f/furuguchi/lecture1.html

弊社HP全面リニューアル2013/07/05 08:48

弊社ホームページを全面リニューアルいたしました。14年程積み上げて継ぎ足してきてましたが、分かりづらいとの声があり主に「注文住宅のユーザー向け」に一新しました。
出来るだけ平易にと試みましたが?皆さんのご意見をいただいてさらに進化したく思っていますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!!

「千葉県の建築家とつくる家」建築ジャーナル雑誌記載2011/10/03 15:24

「千葉県の建築家とつくる家」
いつの間にか夏が過ぎすっかり秋めいてきました。

さて、建築ジャーナルの書籍「千葉県の建築家とつくる家」が今月から千葉県内、関東主要書店で販売されています。
住まいづくりの流れ、千葉県の建築家35人の代表的な家やプロフィールや考え方、その他作品などが記載されています。
弊社は新浦安の「K邸」を記載しています。
http://www.ne.jp/asahi/atelier-f/furuguchi/jounal.10.03.html
住まいを考えるきっかけ、建築家を捜す手助けとしてご一読下されば幸いです。

尚、10月中に住まいの相談等で弊社にご来社の皆様に本書籍をご進呈致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

●設計事務所の仕事のながれ2009/09/11 20:06

設計監理のながれ
さて、しばらく間があいたのでそろそろ始めます。

初めてお住まいを建てるクライアント(お施主様、お客さん)に、
「何せ初めてだから、どうやって進めていいものか?設計事務所とどう付合えば良いのか?」などとのご意見もお聞きします。

とりあえず、設計事務所の仕事の流れの全体像を説明します。

●先ずはお問い合わせ下さい。(無論、費用はかかりません)

・まず、住まいをお考えの際はご連絡下さい。適宜適切にご相談に応じさせていただきます。

●設計を依頼するかどうか?でもオンリーワンの住まいをお求めの方。お迷いの方。

・必要に応じ、お話を伺いプレゼンテーション(提案)を行います。
・確かに、いきなり見ず知らずの建築士に何千万もの費用(建築費)を任せるには勇気がいることですし、、、
・プレゼンを見ていただいて、ご判断戴いてかまいません!

ーーー以降、『設計監理業務の流れ』としてーーー
弊社、「設計監理の流れ」資料を添付しました。

資料のように、設計監理業務には「基本構想段階」「基本設計段階」「実施設計段階」「施工監理段階」、、「メンテナンス段階」があります。各段階の主な流れは、、、

●基本構想段階

・先ずはお気軽にご連絡下さい。
・お施主様のお話、ご要望を伺い、
・情報収集と現地調査を行います。
・後日プレゼンを行い、
・スケジュール、概算見積、設計見積を提示いたします。
・総合的にご判断頂いて、設計契約となります。
・基本構想は施主様の要望、潜在的要望(思い)などを、具現化する重要な段階です。この段階が建物のありようの7割程度を決めると言ってもおかしくありません。無論、時間もかけます!
・住まいに対する価値観を共有するために、弊社作品や設備機器等のショウルーム見学等も行います。
・資金計画その他のご相談に適切にアドバイスいたします。
・何度かの打ち合わせを重ね、施主様もだんだんイメージがリアルになった段階で、プランや規模、イメージ等の必要条件を確定します。

●基本設計段階

・先の基本構想の必要条件をより具体的に図面化します。
・確認申請レベル、図面としては縮尺1/100程度で、平面、立面、断面等の整合性を図り、3次元的な空間としての結果をリアルにします。
・ほぼ、建物の8割くらいの結果を伴います。
・仕上げの素材や住宅の気密、断熱性能、設備や空調の性能も検討し方向性を決めます。

●実施設計段階

・さらに、縮尺1/50以上の細かい図面で、各部の収まりやつながりを確認します。
・具体的に仕上げや設備、電気等機器を決めます。
・この図面が、見積を取る基本となります。(図面の精度により見積のバラツキも少ないです)
・建物の9割くらいの結果を伴います。割合は低そうに思えますが、詳細図と言う収まりが無いと、締まらないボアーな空間となります。如何に構想や基本設計が良くても思いの空間は実現できません。

●施工監理段階

・実施図を基に業者さんに「現場説明」(別に、現場でやるのではなく、)事務所で施主や設計の思いから、図面説明を行います。数社の入札や、特命の場合があります。
・そして、上がって来た見積を精査いたし、お施主に説明とアドバイスをし、業者特定いたします。
・仕上げの色などはこの段階で最終確定します。(最初からいろんなことを一気に決めると混乱しますので、必要な段階に必要なことを段階的に決めていけば、ブレない空間が手に出来ます)
・設計図面通り出来ているか?施工をチェックする業務や、各種検査に立ち会う業務です。(慣れた工務店はミスが少ないですが、図面も見ない、理解していない職人さんもたまにいます。)
・図面通りでない場合は手直し指示いたします。(お施主さんは直接、現場監督や職人に指示できないものです。第三者がいると気兼ねなく心労もありません。)
・図面や指示が不足の場合は補足します。
・ここでの業務で建築の100%、いや、工務店や職人さん達のプロ根性を引き出せば120%です。いい環境(施主、建築士、工務店、職人の信頼関係)での仕事こそ良い建物が出来る秘訣です。

●メンテナンス段階

・弊社メンテナンスリストにて適切にアドバイスいたします。
弊社メンテナンスリスト;
http://www.ne.jp/asahi/atelier-f/furuguchi/consul.mente1.html
・竣工後1ヶ月、1年と施工者とともに点検いたします。
・その後は、必要に応じアドバイスをいたします。

以上、大まかな流れですけど、ご参考下さい。疑問や質問などございましたらお気軽にコメント、ご相談下さい。
http://www.ne.jp/asahi/atelier-f/furuguchi/contact.html

また、もう少し細かい業務項目は弊社設計業務内容にてご参考下さい;
http://www.ne.jp/asahi/atelier-f/furuguchi/works.html

●施工費(工事費)見積3 ーその前提2−2009/07/14 01:01

ここまでお話しすると、少し、施工者に関しての書き込みに少々違和感(説明不足)も感じています。

少々、施工者に辛口表現となっておりますが、
あくまで、”設計と施工の役割分担”と言っているのです。
少し、説明を要しますね?

ざっくりとですが!。大手ハウスメーカー、デベロッパーは、営業が長け、お客さんの囲い込みも手慣れたこと、企業内設計者は営業から予条件をもらい、規格範囲内でのプランニングとなります。施主にも会えないケースがほとんどだそうです。また、営業の顔色をうかがいながら、組織で自由になれない人達がです?

先に、設計図書が大切と!施主の”想いの背景”、潜在意識などを把握し、プロとして施主の想いの延長上で感動の空間を提案できるかどうかですが?!!

出来た住まいが、全てを語っています。それでも良ければ?住み分けと思っています。

さて、中小の町場工務店ですが、今までに付合った工務店はいい職人を持ち、企業努力でローコストにも協力頂いているし、少々、わがままも聞いてくれるし!?、施工者としては最高のパートナーです。

彼等も、施主(お客さん)の夢を実現するためにと!設計者とベクトルは同じだと思います。

しかしながら、中小工務店は現場監督が掛け持ちで施主応対(営業、プランニング、等々)を行うケースも多いです。ある程度プランが決まると、代願にての確認申請(確認申請を代理してもらう設計事務所に依頼)、となります。地方や中小工務店に多いケースです。ローコストからか?どうも設計報酬(料)が請求できないから??

昨今の、建築基準法の改正で、設計者の立場の明確化と責任の強化、法令遵守と設計責任も厳しくなりました。

施工者も品質管理(PL法)、瑕疵担保保証制度など、施工者としての責任も厳しくなっています。

無論、施主(お客さん)保護としては、良い面もありますが、現実的対象は、ハウスメーカーやデベロッパー相手のもの!
一律がいいものかどうか?保険料も結局、施主や施工者負担となります。

再度まとめますが、設計者は施工者という良きパートナーとチームを組まなければ良い建築はできません!
その上で、
”設計と施工のそれぞれの役割分担!”(餅は餅屋よ!)
”工務店、職人、設計事務所と厳しく対峙しながらも、施主に最高の空間をと言う想いで、共にものを造るチームとして!”
”地元施工者と設計者がパートナーを組むと、施工の信頼、設計の自由度と空間提案の相乗効果があります。”

お住まいを求める時、最初の出立が、設計事務所以外でも、『設計事務所の設計者と設計希望と!」お伝えください!
施主(クライアント、お客さん)のご理解が、素敵な住まいを手に出来る一歩です。
先にも触れましたが、設計(設計図書)で、住まい(空間)の8割以上が決まります!!!一生涯大切な夢の住まい、目先の損得判断が結果となります!

設計事務所の役割やメリット(大分話していますが?)、報酬はそのうち!

まだまだ、つづく

「建築士」?「建築家」?って!2009/06/23 02:40

さて、以前にも触れましたが、「建築士」、「建築家」のニュアンスとイメージは微妙ですね?

建築士法上では、建築士免許を持っている人は「建築士です」とは言え、先のBLOG通りに日本では、施工者、デベロッパー、ハウスメーカーと、純粋な設計事務所(きちんと、施主の立場で施主の想いを応える建築士!=施主の利害を守る)との、差異、区別の意味であえて「建築家」と語っているケースが多いです。
一般には「建築家」と言うと、勝手に作品を造りたがる代物?と、やはり、想いと現実に誤解があります。無論、我々側の説明不足と、社会的ポジショニングの低さかとも思います。

日本の一級建築士、約30万人(最近の管理下の情報把握でリアルに?)

では、差異とは?いくつかのフィルターを通して見ましょう!
無論、経験的、感覚的ですが?あながち、ずれていないと思います。

「クライアントの権利と想いを実現する建築士立場にあるか?=独立した設計事務所!(施工者側=営利側でなく!)』
ここで、1/10=3万人となります。=”建築士の立場”

では、「施主の理解無くキックバックを貰っていない、施主の対場に立っている事務所は?=独立自尊は建築事務所の基本!」
1/10=3千人となります。=”施主の利益を守る”
(多分、この時点で1/100となる可能性があります?!が、結果よければ全て良し、の空間を手に出来るのもこの世界かも?))

さらに、「時代を感じながら、一戦のコンペにチャレンジし続けている事務所は?=施主の想いをかなうべく空間提案とリアルな空間を提供しているか!」
1/10=300人となります。ここから、「建築家」と語っても良いような気がしますが?!=”施主の想いを実現するプロ”

多分、その中で、入賞の結果(一戦のレベルです!)を成すのは、またまた、1/10=30人程度でしょうか?(営業力の強いところは、戦いより結果、成果でしょうが?)=”時代の建築を”

まとめると、建築家と語るべきは「施主の立場に立ち」、「施主の利益」を守り、法遵守のもと、「施主の想いを実現するプロ」ではないでしょうか?そして、文化として「時代の建築を」造りつづけること=日々の生活こそ文化!

先の管理建築士の講習でも触れられない!存在意義=職能だと思っていますが??!!"講習では語るすべも無い、身売りした立場の建築士事務所協会ですから!”

無論、チャンスや機会、タイミングもありますので、それが全ての実力とは判断できませんが!(時も人も進化しています!)

イメージや、言葉の反乱と言語の不確かさが蔓延する世の中?

「不確かの中の確かさこそ、素敵な住まいや建築が手に出来る近道だと思います。」

なんで?管理建築士講習!2009/06/19 01:08

誰に何を教わるの?
先日、管理建築士講習に行ってきました。

管理建築士?は、各事務所に一人、全体の建築士の業務を管理する立場の人です。
この管理建築士が居ない設計事務所は業務報酬のある設計行為ができません。(設計事務所登録の事務所以外は業務報酬を受け取れません!)

姉歯の構造設計偽装以来、国の方針で基準法も改正(改悪)され、官僚は、独立自尊の建築士をこれぞとばかりに管理体制下に納めようとのどさくさに紛れての基準改正です。大半の建築士は、それで、建築界の状況が良くなるとは考えていないのが実情です。

そんな流れの中、今までは「建築士は自ら資質向上に努めるべき」との建築士法上の文言はありました。「自らです」我々は国から免許を与えられた尊厳ある建築士です!
(そうでも無いのが日本の事情、設計と施工者は分離されているのが世界の一般。建築士制度設立時の建設大臣が田中角栄、本人が一級建築士の第一号に!??。そこで、建築士は本来施主の立場に立ち施主の利益を守り、法を遵守する第三者であったはずが?
施工者も建築士になれる状況をつくりました。つまり、営利を求める側に建築士がつけるという状態、設計施工が可能な状況となりました。
無論、今までの大工や棟梁が設計施工を行っていた風土という流れは、ありましたが?所詮、方便、ご都合主義の欺瞞。
もちろん、中には、私の知り合いや、付合った工務店は施主の気持ちに答えるべくぎりぎりのコストで良いものをと言う努力をしていますが?用は、営利追求のハウスメーカーやゼネコン、デベロッパー!?彼等のみに講習すればいいのでは?)

我々は、一戦のコンペもやってるし、経済的に厳しいながらも海外でいろんな街や建築を見て回ったり、書物をあさったりと、日々資質向上に自ずから励んでいます。自己投資がクライアントへの還元と考えています。

ところが、姉歯以降の建築基準法改正で、管理建築士は講習義務が課され、設計事務所所属建築士は3年に1回の講習義務が施されるようになりました。

管理建築士講習、6時間の講習、1時間の修了考査(試験です。ただ99%合格)。途中、30分退席の場合権利失効!ほとんど軟禁状態でした。試験も途中退席無効、30問の正誤。私は10分で多分ほぼ完璧でしたが?退席できず!テキスト持ち込み可でしたので、暇だからテキストで確認?、、問題はテキストのアンダーライン太字からほとんど、後は常識問題でした。

一級建築士33万人程度(二級建築士もいますが、)、そのうち1/3程度が管理建築士講習を受けたとして、約10万人、講習料:1万5750円=15億7500万円です。建設省の告示単価の各人の人件費:8万円/日×10万人=80億円。
つまり、約100億円程度が実浪費含め業務委託団体(天下りもあるかも?)に取り込まれているということです!!

さらに、管理建築士講習は1度のみの受講で良いのですが先の設計事務所勤務の建築士は3年に1回の講習義務、同額程度の受講料、労賃が毎年垂れ流し状態となります。

問題は、資質の低い建築家の排除、施工から独立した第三者以外(施工会社、不動産会社の建築士)は建築士として認めないシステムを作るべきです!海外のように!

話はつきませんから、また、論点を絞ってそのうち一言!

写真は、幕張メッセでの講習会風景、講師も今更と言わんばかりのルーチン・スピーチ。小学生に倫理を教えている程度?本当に必要?講師本人が無意味さをご理解では?

講習では「法令遵守」「環境配慮」を盛んに語っていましたが、当然のこと!、
そもそも建築士とは?すら語っていませんでした。無論、施工側の利益追求型の建築士の方が多いのですが?悲しい話!

「本来、建築士はクライアントの立場を保証する第三者、クライアントの思いをプロとして表現する代理者として、コストを含め適切に守るプロです。いわゆる、施主の建築的弁護士です。」

そんな建築士はどれだけ居るんだろうか?

施工者からキックバックを貰っていない建築士?
(施主了解、施工者発注は良しとしても。)
そもそも、施工社内建築士は営利側!事実、営業が強く、設計の自由や施主の想いの実現にほど遠い存在です。
(ザックリ大手の特質です。町場では頑張っている工務店もありますが?)

ほんとうに、つれづれとなりました。
そのうちまた、つれづれ!?!